審美歯科治療の種類



審美歯科とは名前のとおり、美しく歯を治すという意味です。
京都にもホワイトニングやセラミックスなど審美歯科治療を行う歯科医院が多くなっています。

真の美しい歯は、構造、機能、生体親和性が兼ね備わっています。
ここでは審美歯科の治療にはどのような種類があるか紹介していきたいと思います。
1.ホワイトニング
ホワイトニングは変色、着色した歯をお薬の効果で白く、奇麗に、美しくします。
歯を削ることがなく、費用的にもかぶせものにくらべると安価で、
早い方だと1日の施術でかなり満足される優れものです。

→ホワイトニングの費用についてはこちら
2.セラミックス
セラミックスはついにオールセラミックスの時代になりました。
従来だとセラミックスは金属を使っていました。最近、その金属に変わりジルコニアという材料が使われるようになり、審美性が変わりました。

従来の金属を使ったセラミックスだと何年かすると、はぐきと歯の境目に黒いラインが見えることがありました。オールセラミックスは金属を使わないのでそれがありません。

→クラウン(かぶせもの)の費用についてはこちら
3.セラミックインレー
セラミックインレーとは、保険適用内の治し方だとメタルインレーといって部分的な金属であったものが、若干費用はかかるのですが、部分的なセラミックスという治し方になります。


→インレー(つめもの)の費用についてはこちら
以上の3つの治療法により、審美歯科治療の分野は飛躍的に発展しました。
虫歯などの治療が、今日では金属を全く使わずにすべて白い歯で治すことができるようになりました。

ホワイトニングについて詳しくお聞きしたい方は京都のOZ Dental Clinicまでお問合せください。
 

一般歯科について詳しくは専用サイトへ
インプラントについて詳しくは専用サイトへ